« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

3年ちょっとぶり。

広島でTamaちゃんが出るラジオの公開生放送があったけぇ
仕事帰りに行ってきましたー。
18:10頃~18:35くらいまでの出演じゃったかな。
ぶち近くで見れた。
生でTamaちゃんを見るのって、3年ちょっとぶり。
たぶん2004年の74ersの広島公演以来じゃったんよねー。
Tamaちゃんが登場した時、「キャーッ!」って感じじゃなくて、
「ああ、Tamaちゃんじゃあ…」って感が強かったかな。
なんかねー安心したというか。
TamaちゃんがTamaちゃんのままじゃったけぇ。
なんだか照れくさそうに手を振るTamaちゃんが可愛かった♪
来月のTamaちゃんライブが楽しみでーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

きゃあ!

よ、読まれた!
昭仁くんのラジオでメール読まれた!
昭仁くんも若干食い付いてくれたし。
ほんまに若干じゃったけどー。
全国的にあるのはわかっとったやいっ。
あ、昭仁くん、「中学生」って読まんかった?
うち、「小学生」って書いたんじゃけどなー。

いやいや、ええのっ。
昭仁くんに名前呼んでもらえただけで幸せ。
あー心臓止まるか思うたわ。

で、せっかくメール読んでもらえた今日に限って、
いつもよりさらにラジオの入りが悪いっていう…。
えーん!せっかくの録音が意味ないよー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

どきゅーん。

かっ、可愛い…!!!!!
FCレポの昭仁くんが。
あの手がぁぁー。
あの口がぁぁー。
というか、もう全部が。
ああ、可愛い…。
その可愛さを分けてほしいくらいだ。
って、32歳の男の人に向かって、こんなに可愛い可愛い
言うてもええもんかいな。
この可愛い昭仁くんは今、うちの携帯の待ち受けです。
携帯開くたんびにニヤけていかんな、こりゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

初夏の訪れ。

昨日田植えをして、筋肉痛に苦しんどるようこです。
痛い…。ライブの筋肉痛とは違うとこが痛い。

さて。そんなわけで昨日は田植えじゃったんですけども、
昼過ぎに田植えを終えてから因島に行ってきました。
(その時はまだ筋肉痛の症状は出とらんかった)
というのも、因島におる知り合いから「さくらんぼあげるけぇ
おいでー」って言われとってね。
去年のこの時期に因島に行った時もさくらんぼもらって、
今年もまた採れたけぇくれるって♪
Sakuranbo












↑さくらんぼ。写真撮るの忘れとって、すでに半分以上食べた後。


で、因島まで行ったついでに因島の花・除虫菊を見てきた。
去年見に行ったとことは違う所に行ってみたんじゃけど、
ここがまた綺麗!
花の範囲自体はそんなに広くないんじゃけど、景色が抜群。
ちなみに、白滝フラワーラインの途中にあります。
Kiku1











↑奥に見える橋は因島大橋。
 除虫菊と因島大橋と雲の白、海と空の青、山の緑が綺麗じゃろー。

Kiku2











↑除虫菊の花をアップで。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

お詫び。

えーっとですね。
こないだ、昭仁くんのラジオの文字起こしをしようかなーって
いう記事を書いたんじゃけど…。
ええ、ついこないだですよ、ほんまに。

すんません。無理です。無理でした(早っ)。

やろうとしたんよ。やりよったんよ。
でも…。文字起こしって想像以上に時間かかるのねー。
10分を文字起こしするのに、何時間もかかったぞ…。
2時間を文字起こししようとしたら…。ひーっ。
恐ろしいほどの時間がかかっちゃいますよ、これ。
しかも、それが毎週。しかも、何年も続くかも。
もうちょいさくっとできると思っとったんじゃけどなー。
甘かったなー。甘くみすぎたなー。
一言一句、ほぼ忠実にやろうとするけぇいけんのんだな
ってのはわかっとんじゃけど、どうせやるなら昭仁節を
そのまま書きたいしなー。
そんな感じで、変なとこにこだわりを持つ性格なもんで、
文字起こし、できそうにないですわ。

ごめんなさいー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

NAOTOさん in 広島。

    NAOTOアコライブツアー2007
    ~47都道府県完全制覇の旅~

47分の1である、広島クラブクアトロに行ってきました♪
感想やら何やら語りまくりたいのはやまやまなんじゃけども、
「アコライブ使用上の注意」にも書いてあるとおり、この日
見たり聞いたりしたことは、出口を出たら忘れました。
忘れとらんけど忘れました(意味わからんがな)。
えー、とにかく腹筋と頬筋が痛い。
NAOTOさんもブログで書いとってけど、Blue'G' Tourの最終日
じゃった広島クラブクアトロから、アコライブがスタートする。
これも何かの縁ですかね、NAOTOさん。
アコライブのスタートが広島で嬉しいな♪
これから残り46都道府県!
NAOTOさん、いってらっしゃーい。

えーそして!
「広島満点ママ!!」にNAOTOさん生出演。
アコライブから帰ってから、録画しとったのを見ました。
素敵な白い衣装に身を包んだNAOTOさん登場。
うちさー、てっきり「今日は広島でライブでーす」って話をして
「Brace up!」を生演奏するくらいかなーと思いよったのね。
ほしたら、ものっすごいふっつーにコメンテーターしよるし!
「魚料理のおいしい店ランキング ベスト10」を見ながら、
「おいしそー」とか「これ、料理出てこないんですね?」とか
言うてましたよ、NAOTOさん。
行ったことあるお店(「うえの」っていう店)もあったみたいで、
「最高です!」って言うとった。
確かに、「うえの」のあなご飯はうまい!
広島に来てあなご飯を食べるなら「うえの」がオススメ。
それにしても、あのNAOTOさんが広島ローカル番組に出て、
しかもゲストコメンテーターやりよるっていうその画(え)が、
なんとも不思議な感じで、ちょっとおもろくなってしまった。

そのコーナーが終わると、NAOTOさん掘り下げコーナー。
金髪歴が13年ってこととか、ブリッジ弾きをすることとか、
アコライブはしゃべり(NAOTOさんは「べしゃり」言うた)です!
ってことなんかを話してました。
アコライブでのNAOTO節に比べるとね、若干おすましした
感じじゃったけど、やっぱおもろかったー。
棚ちゃんも古沢さん(アナウンサーさんね)も笑うてました。

そして!「Brace up!」のフルコーラス生演奏♪
ほぅ…。ほんまうっとり。素敵
朝にぴったりな爽やかな曲なんよー。
こんな素敵な曲を、「満点ママ!!」をイメージして「満点ママ!!」の
ためだけに作ってくれたなんてねぇ。
広島人として、ほんまに嬉しいことです。
ビバ☆TSS!

NAOTOさんの出演時間は、CMやらなんやら諸々を含めて
1時間弱っちゅーとこですかね。もうちょい短いかな。
けっこう長いこと出とったよ。

そんな感じで、NAOTOさん尽くしの1日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

生ゲスト出演。

5月14日放送の広島ローカル番組「ひろしま満点ママ!!」に
NAOTOさんが生ゲスト出演するんとー♪
4月から、NAOTOさんが書き下ろした新曲「Brace up!」が
オープニングテーマとして流れよる番組です。
5月14日は、NAOTOさんのアコライブ in 広島の日。
仕事じゃけぇリアルタイムでは見れんけど録画しとこう。
スタジオで「Brace up!」の生演奏なんてあったら嬉しいなー。
アコライブでも演奏してくれるかなー。
アコライブまであと少し。
NAOTOさん、お待ちしてまーす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

文字起こし。

最近、ブログのアクセス解析の検索ワードを見てみると、
「岡野昭仁 オールナイトニッポン」じゃったり、
「岡野昭仁 ラジオ」じゃったり、
「オールナイト 岡野昭仁」じゃったり、
とにかく「岡野昭仁のオールナイトニッポン」を検索して
うちのブログに辿り着いてくれた人がけっこう多い。
聞き逃した人が内容知りたくて検索しよってんかな?
ラジオのレポが見たくて来てくれたんじゃろうなぁ。
文字起こし、やろうかなーって前から思いよんよね、実は。
電波が入らんくて聞けれん人とか、聞き逃した人とか、
時間が時間じゃけぇ途中で寝てもーたー!って人とかに、
あの昭仁ワールドをお届けできたらなーなんて。
ただねー。下ネタって載せてもええもんかね。
いや、うちは全っ然構わんのんじゃけど(それもどうなんだ)、
誰もが見れるネットの世界的にOKなのかしら。
OKなら文字起こししたいんじゃけどな。
どう思います?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ほろ酔いレディオ。

岡野昭仁のオールナイトニッポン。
ライブ終了後の名古屋からほろ酔いで生放送。
もうねー、しょっぱなでタイトルコール言うたの聞いた瞬間、
「お、これは。」ってわかるような声じゃったね。
声が酔っぱらい声なんじゃもーん。
おもろかったです、昭仁くん。かーわいーい。
ただ、ちょっと声掠れとったけど、のど大丈夫かな。
お酒のせいで掠れとっただけかな。

ほんで。
あのー大阪の記事で書いた「昭仁くんの仕草」のこと。
改めてそのことについて記事書こうと思いよったところに、
ちょうど昨日のラジオで昭仁くんが語ってくれましたね。
そう。うちが書いた「仕草」っていうのはそのこと。
あるバラードの時に、客席では手拍子が始まったんじゃけど
昭仁くんが歌いながら手でそれを制止する仕草をしたの。
でも、それは伝わらず、手拍子が止むことはなかった。
うちが行った公演でこの仕草をしたのは大阪公演だけで、
広島両日と名古屋ではやっとらんかった。
手拍子がなかったわけじゃない。
やっぱりどの公演でも手拍子はあったと思う。
(広島の時は、だんだん止んでった気がする。広島参戦者、どうじゃった?)
横スタ1日目の「愛が呼ぶほうへ」でも同じことがあった。
昭仁くんは手拍子止めての仕草をしたけど伝わらず…。
それを見た時にほんまに悲しくて、悔しくて、ツラくて、
もうこんなことあったらいけんって思いよったんじゃけどなぁ。
仕草にこめられた想いが伝わらんってのもツライんじゃけど、
昭仁くん自らそんなことさせてしまうことがツライんよね。
そんなことさせんでもええように、うちらがせにゃいけん。
昭仁くんがラジオで「強制や決まりごとにはしたくない」って
何回も言いよったけど、それなのにあの仕草をするってことは
きっと、ほんまに聴いてほしいって想いだったんじゃないかな。

確かに、基本的にライブは自由なもの。
「楽しむ」ことがやっぱ1番大切なわけですよ。
楽しくなけりゃライブじゃない。ライブやる意味がない。
ほんまそうなんですよ。
でもね、なんでも自由にすりゃええってもんでもないよね。
「バラードでは絶対手拍子しちゃいけん!」って強制して、
みんながガチガチに決まりごとに縛り付けられてしまって
ピリピリした空気が流れるライブはもちろん嫌じゃけど。
んー。なんじゃろうなー。難しいなー。
んー……雰囲気!そう、雰囲気ってのがあると思うんよ。
その曲の持つ雰囲気、その時の会場の雰囲気・空気。
あるよね、手拍子する雰囲気の曲・そうじゃない曲。
それを感じ取ることが大切なんじゃないかと思うわけです。
でもねーこればっかりは感じ方は人それぞれじゃけぇなー。
うちにとって「なんでこの曲で手拍子しようと思えるん?」って
思う曲でも、人によっては手拍子が合うと感じるかもしれん。
んー。やっぱ難しいですね。
ただ、「昭仁が自由って言ってたから自由でいいじゃん」なんて
いう屁理屈を言うような人がいないことを願います。
「自由」とは言いながらも、「やっぱり空気を読んでもらいたい」
っていう想いがこめられとったように、うちは感じました。

昭仁くんがラジオで、このことについて話してくれてよかった。
昭仁くんの想いが聞けたから。
ほろ酔いレディオの中でも、丁寧に慎重に話をしてくれて、
本音が聞けたような気がする。
みんなが気持ちよくええ気分でライブを楽しめたら素敵じゃね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

元レインボーホール。

はーい。名古屋から帰って来ましたよー。
5月4日に参戦してきました。
今回の席は晴一くん側スタンド若干後方の上段辺り。
今気づいたんじゃけど、うち、晴一くん側の席ばっかじゃ。
広島1日目、晴一くん側スタンド。
広島2日目、昭仁くんほぼ正面アリーナ。
大阪、晴一くん側スタンド。
名古屋、晴一くん側スタンド。
石川、晴一くん側アリーナ。
ほら。広島2日目以外、全部晴一くん側。
まーそんなこたーどうでもええんじゃけども。

名古屋、楽しかったでーす♪
以前の記事で書いた三重の友達と参戦だったんじゃけど、
この友達と一緒に参戦するのって初めてで。
なんか新鮮で楽しかったな。
2人して昭仁くんに萌えまくりでしたよ。うきゃ
あと、いろんなポル友さんにも会えて嬉しかった♪
相変わらず昭仁くんの歌詞間違いはちょこっとあったけど、
「聴かせ曲」では間違えんくて、より聴き入ることができた。
全体が見渡せたけぇ、照明を見るっていう楽しみもあり。
うちねー特に好きな照明が1ヶ所あるんじゃけど。
スタンドからじゃったら、それがよう見えてええね。
2人とも楽しそうでええライブじゃったと思います。
誘ってくれた友達に感謝感謝♪

あ、そうそう。
うち、今回のツアーTシャツ2種類買っとったんじゃけど、
名古屋でもう1枚買い足しまして。
そのTシャツ、この日昭仁くんがアンコールで着たTシャツと
おそろいじゃったのー
よっしゃー!狙い通ーり!
そのために買い足した言うても過言ではない。

あ、昭仁くん。
うちも名前は「レインボーホール」派です。
(日本ガイシの人ごめんなさい)

Rainbowhall














| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »